えんちょ日記

ひろしえんちょの日々思ったことつらつら

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
K
 川村カオリ
最後のアルバム『K』が届いた
亡くなってから買うというのが
ぽっと出ファンや
おのぼりさんみたくすごくイヤだったけど
生前に買おうとしてたのが
ずっと先送りになってしまっていたもので
亡くなった次の日にネットで購入
やはり待った
方々から注文殺到したんだな


聴く
このアルバム
死期を告げられてから作られただけあって
歌詞にはそういったものが
込められているものが多かった
歌手川村カオリが
最後に伝えたかった
言葉
メロディー
そしてサポートしたミュージシャン達
全てを噛み締めて聴くことにした

切ないけれど
温かくなるような
唄の数々
それは
彼女の心
残された命を
誰かの為に生きたいと
彼女が込めたメッセージ

そして
この楽曲を携え
彼女はステージに帰ってきて
3時間熱唱
その後
緊急入院
しばらく入院生活の後
帰らぬ人となった

歌手として
満身創痍でステージに立ち
最期を飾れたことは本望だったろう
でも
アーティストは
終わりのないもの
一つの節目が終われば
次はそれより上を目指さなくては気が済まない
もっと
歌いたかったろう
もっと
曲を作りたかったろう
もっと
メッセージを伝えたかったろう
もっと
もっと
もっと

川村カオリ『K』から
新しいエネルギーをもらって
天から降りてくるものの
しっぽを捕まえよう

辛いことも
悲しいことも
楽しいことも
嬉しいことも
イライラすることも
いろいろなことは
すべてが糧となる
きのうがあるから今日があり
今日があるから明日がある
まだ見えない道を
歩く為には糧が入り
歩き続ける為には
糧を供給し続けなければならない
時には
味わったことのない程の
美味しいことや
二度と味わいたくないような
イヤなこと
それらは
平凡に添えられるエッセンスのようなもので
ニンゲン
生きてれば
いろんな出来事があるさ

表現者として
前に進まなきゃ
そう力づけてくれた1枚でした
最期に素晴らしいものを遺してくれて
ありがとう
歌手川村カオリの歌は
いつまでも力づけてくれることでしょう

| comments(0) | trackbacks(0) | music | TOP↑ |
シノハラミヤコ
SITEKOBEという
神戸の長田にあるライブハウスに
美也子姐さんが出るとのこと
しっかり予約りまして
はるばる行ってきました
今回はワンマンでなく
震災復興イベント初日で
他に
Cante
UESA
阿久のぶひろ
の計4組のライブイベント

思えばライブ自体
何年ぶりよ
最後に行ったんいつよ
うぃ?
美也子姐さんのライブは
震災で
見事に震災の日で
流れた大阪公演のリベンジ公演
河よりも長くゆるやかにツアーの
大阪公演以来

そのあと転勤になって
大阪や神戸はたまた京都にでるのは
億劫な土地に引きこもり
美也子姐さんはメジャー契約切られ
その他の好きなアーティストたちも
ことごとくメジャーから退き
お江戸メインでライブ活動になったり
たまに関西来ても
日が合わなかったり
むむむむ
考えたら
軽く10年以上ぶり??

おかげで存分に楽しめたわ
美也子姐さんは3番手
姐さん以外の3組の方々も
それぞれ
よい楽曲で聴かせてくれました
最後
小さいライブハウスならでは
美也子姐さん自らが
CDを手販売していて
サイン目当てに買いました
『SPIRAL』15周年記念盤
これ
ずっと買いそびれてたのよ
PCがぶっ壊れてて
注文できず
持ってけドロボーCD2の〆切過ぎてしまって
ベスト盤だし
しかも新録込みの焼き直し(シツレイ)だし
そんなこんなで
ずっと先送りになってた
そのCDがサイン入りで〜〜
ひょほ〜〜
かなりミーハーか

1 Dear
2 ひとり
3 誰の様でもなく
4 You're so col
5 M78(新曲)
6 流星の日
7 Journey
8 秒針のビート
9 my old lover

でんぶで9曲聴けました
| comments(0) | trackbacks(0) | music | TOP↑ |
ようやく買った
エリオット・ヤミン『WAIT FOR YOU』
巷で話題になってたから買った
のではなく
アメリカンアイドル シーズン5の時に応援してたから買ったのです
一足先にメジャーデビューした
クリス・ドートリー
彼とも競い合い
二人とも惜しくも優勝はしなかったけれど
僕はこの二人に決勝に残ってほしかった
優勝した
テイラー・ヒックス
彼もメジャーデビューをしていて
なかなかハスキーな声のいい味シンガーなんだけど
声とか歌い方とかが
エリオットやドートリーのが好きだった


だいぶ前にCDでてたみたいだけど
ぜんぜん気付かず
特ダネで生ライブをやった時にたまたま見れて
うお〜〜
アメアイのエリオットまでデビューしとる〜〜〜
と慌てて買おうかと思ったけど
10月にプレミアムエディションが出るとのこと
我慢して待ちました
木山裕策のホームのカバーが入ってるとのことだけど
あまりカバーは好きでないのでどうでもよかったが
それ以外に2曲増えてて
慌てて買わなくて良かったかと

普通版とDVDつきがあって
思わずDVDつき買ってしまった
しっかし洋楽CDて
16曲にDVDついててこの値段
それに比べて邦楽CDは高いのな

しかし
タイトル曲の『Wait For You』は名曲すや
メロディーと詞
そしてエリオットの甘い歌声
めろめろす

特ダネで小倉さんが
『エリオットを優勝にしなかった審査員は目がない』
というようなことをおっしゃってたと思う
たしかにその通りかと思うんだけど
アメアイの審査員はアメリカ国民全員だよ
その時の好き嫌いで評価されちゃうから
実力そっちのけな時がある
お気に入りさんが残るかどうかで一喜一憂する
そしてわしは
お気に入りさんが一切いなくなったら
そのシーズンは観なくなる
そしてこうしてCDがでたらせっせと買う

よい音楽は
心を豊かにして
よい作品制作の糧となる
もちろん
音楽以外
よい作品に触れることは全て糧になる

そうだ
よく考えたら
芸術の秋だ
| comments(0) | trackbacks(0) | music | TOP↑ |
power
10日頃発売予定だった
石川よしひろアニキのCDが
18日発売とゆーことで
申し込んで
今日きた
うほー

18日は大阪でライブ
そこで販売とゆーことでしたが
せっかく
何年ぶりよ大阪ライブ
とゆーのに
行くの無理でした
年末はいかんわ
てか
よっぽど好きやったら
体力的金銭的時間的余裕がなくても行くのだが
いかんせん
ライブとゆーもの
行かなくなって10年以上
どうノレばいいの?
と場違いになるのが恐く
おいおいそんなガラかよ
て感じなんですが
イヤほんと
長いこと行ってないとナーバスになるんですね
人間て

長いこと行かなくなったのは
お気に入りのアーティストが
ことごとく
インディペンデンスになり
関西でライブをしなくなった
とゆーのが原因の一つでしょうか
でも
地道に活動されながらも
こうしてまた大阪でライブやってくださるようになり
あれから10数年経ったおぢさんも
重い腰を浮かせ足を運ばなければ
つか
アーティストさん達も
同じだけ年とってるんですよね
そしてファンも
さて足を運んで
同世代がどれだけいることやら
それとも新しいわかーいファンが多いか
今度お気に入りのアーティストがきたら
是が非でも行かなければ〜〜〜


石川のアニキの新譜
アニキと言っても同世代なんだが
オールナイトニッポンの時代にその呼び方が板について
ついつい今でも呼んでしまう
いかん脱線ばかりする
タイトルが『power』で
4曲入りを3枚2か月ごとにリリースしておりました
そして石川熱が再発
『power』の1と2
アルバムとミニアルバム
そしてアルバムに入ってないシングル曲を
ipodにぶちこみ
えんえん聞いてました
ちょうど個展の準備をしているあたりなので
まさしく『power』をもらえたのではないかと

『power3』もはやいことぶちこんで聞きまくらねば
| comments(0) | trackbacks(0) | music | TOP↑ |
CD買った
インディペンデンスになってから
新譜が出ても店であまり見かけなくなってしまって
ついつい買いそびれてしまっていた
zabadakの新譜『回転劇場』をようやく購入
通販でいつでも買えるし
とか思っていると
ずっと買わない
悪い癖か?
そういえば
この前のアルバムまだ買ってない
むむむ
アマゾンにデータがないので
オススメにあげれないので
ipodにぶちこんでヘビーローテの
いちばん好きなアーティスト『篠原美也子』と
洋楽で久々にはまってる『ドートリー』を
オススメにあげときます^^

ザバの『回転劇場』のケースが
DVDケースのCD版みたいなやつでちょっとオドロキ
こんなケースがあったんやー
昔はCDもぼこぼこ買ってたけど
最近は好きなアーティストが出しても
買って無い有り様
音楽熱ちょっと冷めてる??
でもザバダック
昔のほうが好きかも
濃厚やったというか
最近小峰さんの詞がなんだか物足りなさを感じる
| comments(0) | trackbacks(0) | music | TOP↑ |