えんちょ日記

ひろしえんちょの日々思ったことつらつら

読了

山積みをようやくちょっと切り崩し……

 

まんがばっかすが

 

『ねじの人々 2』 若木民喜 小学館

 どこにたどり着くかわからない哲学まんが

 次で終わりらしいが収拾つくのかしらん

 

『なのは洋菓子店のいい仕事 5』 若木民喜 小学館

 迷走中の洋菓子まんが

 そろそろ終わりが近いのか?

 なんかいろいろ畳み掛けてきてるし

 

『トキワ来たれり!! 7』 松江名俊 小学館

 トキワまた死んでるし……(笑)

 

『マギ 30』 大高忍 小学館

 マギも終わりに向けて突き進んでる

 あ最終章とか言ってたけ

 

『BE BLUES! 23』 田中モトユキ 小学館

 コヴァッチじいさんが監督で

 采配が高校サッカー的でない

 まんがならでは

 

『双亡亭壊すべし 1』 藤田和日郎 小学館

 ふぢたさんの新作

 前作があまりにも面白くなかったので

 ふぢたさんも終わりかあと思って

 講談社で出たやつなかなか買えずにいたんたけど(いい値段もするし上下巻だし)

 今回のなかなかいいよいいよ

 でも主人公の凧葉がキャラちょっとなんだけどね

 何もできないけど実はすごかったてやつだと思うんだけど

 そんなまんが的な

 てまんがか

 

『県立地球防衛軍 2、3』 安永航一郎 小学館

 巻末描き下ろしのために購読

 といっても中古書だったりするんだけどね

 なかなか全巻揃わないや

 

『黒白 上、中、下』 とりのなん子 講談社

 『とりぱん』のなん子さんの初長編

 ちょっと意味が受け取りにくいシーンがあったり

 たまに絵が崩れてたり(笑)

 連載大変だったんだろうなあと伺える

 次の長編出たら買うか悩む

 『とりぱん』はすごく好きなんだけどね

 

『超人ロック ラフラール 4完』 聖悠紀 少年画報社

 完結してるけど次の章に続く感じすね

 ラフノールものいいすよ

 超人ロックも50さい……

 話の上では何歳なんだか

 

『パタリロ 95、96』 魔夜峰央 白泉社

 本誌から月刊やLaLaにまたがりつつも

 誌面連載を続けていたパタリロも

 ついにWEBへお引越し

 そうだろう

 もう花ゆめは腐女誌

 根強いファンがいてても読者とのギャップが

 

『May探偵プリコロ 1、2、3、4』 魔夜峰央 祥伝社

 魔夜峰央のミステリまんが

 パタリロでもちょくちょくやってるネタを

 新キャラで

 でなかなか購読に至ってなかったけど

 安くなってたので(笑)

| comments(0) | trackbacks(0) | book | TOP↑ |
ぎゃ!
久々に
投稿してみて
確認してみたら恐ろしいことになってた……

エディターが新しくされてて
正常に作動してなくて
無改行で文字の列……
ヤメテー!!

大慌てで修正して更新したわ


で投稿したらまた無改行
いちいちエディター戻して書かなあかんの?
めんどいってば
ただでさえ
更新遠ざかってるのに……
| comments(0) | trackbacks(0) | monologue | TOP↑ |
読了
先日まで忙しさも相まって
山積みになった本 本 本 な状態なのに
駿河屋の企みにほいほいと乗って
古書どかどか買いまくり
いったいいつ読めるんだ??
で ちょっと消化した本記帳

『いつでも夢を』 辻内智貴 光文社文庫
『ラストシネマ』 辻内智貴 光文社文庫
『セイジ』 辻内智貴 光文社文庫
『信さん』 辻内智貴 小学館文庫
  辻内智貴をかため読み
 辻内さんの小説はほぼ三人称的視点で書かれてるので
 最初とっつきにくかったんだけど
 はまると郷愁感満載な小説
 『ラストシネマ』と『信さん』は主人公が過去を語る感じ
 つまるところ辻内さんは語りべなんだな

『リンボウ先生遠めがね』 林望 文春文庫
 久々にリンボウ先生読んだ
 まだ山ほど積んでるんだけどね
 あとがきに親本と文庫のタイムラグについて書かれていたが
 すいません  文庫買って10何年も熟成させてました
 親本出てから約20年経って読んでますすいません

『キマイラ 17 玄象変』 夢枕獏 角川文庫
 前巻出てから何年よ?しかも出版社も装丁も変わって
 もそもそ朝日ソノラマがすっ転んじゃって
 親元が引き取って文庫続刊出してたのに
 急にハードカバーなんか出して
 しかも2冊まとめた状態で
 おまけに新書まで出して
 17巻からはハード→新書→ようやく文庫
 な流れでだすとかのたまわってた記憶が
 で10年近くも新刊出さずに版元変更
 まったくもう
 30年以上の読者をなめまくってますなあ
 でも出たからには読むんだが
 いいかげん完結させておくれやす
 
  新装丁になって巻数が前出しされ
 何巻かわかりよくなったんだけども
 人物紹介が今風な絵でマイナーチェンジされてて
 天野喜孝で育ったおっちゃんには到底受け入れられず
 特に大好きな九十九の三ちゃんの容姿がいただけない
 目つき悪すぎやしい
 気は優しく力持ちな顔つきじゃないよねコレ

 で次巻はいつ出るよね
 あと2冊くらい話書き進んでたはずよぬ

『旋風』 泡坂妻夫 集英社文庫
『砂のアラベスク』 泡坂妻夫 文春文庫
 泡坂妻夫かため読みなう


 あとまんがす


『銃夢 火星戦記 3』 木城ゆきと 講談社
 ハリウッド映画化ですと?!
 ハリウッド
 数々の日本まんがアニメの顔に泥塗って回ってるの
 気づいてないんかい?

『クレプスキュール 逢魔が刻』 魔夜峰央 徳間書店
『トワイライト 大禍刻』 魔夜峰央 徳間書店
『オーロラ 王魔が刻』 魔夜峰央 徳間書店
 魔夜峰央のクトゥルー3部作
 ラブ・クラフト手を出すの怖くって
 ぜんぜん読んでないんだけど
 やっぱり読んどかんといかんよなあ
 今度駿河屋で探そう
 てまた蔵書増やすんかい


てな感じで まだまだ山は切り崩せず
積み重なっておる有様で
こんな状況は初めてす
早く読まねば……
| comments(0) | trackbacks(0) | book | TOP↑ |
すずのすけくんハイ
個展の案内やら何やら
ずっとブログ更新してなかったのは
特に意味もなく
元来飽き性な性格なものでして
書けること書けないこと
書かないといけないこと
いろいろありましたが
なかなかブログページ並びにパソコンに向かえず
今回はちょっと気持ちの整理をつけるべく久々に記帳
これをきっかけに
またこれからマメに書けたらいいんだけどねえ


てことで
うちの鳥さま事情
現在文鳥6歳7ヶ月を長老とし
今年4月に産まれたセキセイの兄弟まで
文鳥4羽
セキセイ11羽
コザクラ1羽
総勢16羽という独居最高の鳥人口
(実家に居てた時はセキセイ30羽以上な時が)
中でも手乗り崩れが2〜3羽いてだけのセキセイに
ニンゲンスキーなセキセイをと繁殖を試み
今年の2月に2羽生まれ無事ニンゲンスキーに育ち
一安心と思いきや
親鳥が途中人にヒナをかっさわられ
卵チャージ
個展準備やら個展で忙しく放置てたら
水入れの下で産卵孵化しちゃって……
それも時間差で3羽
大きさが大中小
毎日水換えのたびに観察させていただき
その3羽も無事ニンゲンスキーに育ったはずが
カゴに入れた途端に半野生化
それを再びニンゲンスキーにしているところで
最長老文鳥すずのすけくん
昨年の冬換羽時期くらいからボケ発症
一番懐いててべたべたで甘えたさんだったのに
手を怖がり逃げまくり
求愛ソング(オレ歌)も歌ってくれなくなって
このままもっと老鳥になって介護が必要になってきたらどうしようと思っていた
自分で外出しカゴに戻ってくれるものの
飛べないので下に落ちた時は逃げ惑いながらも
なんとか手に乗ってくれるが
カゴの入り口までつれてくとサッと入る
過去出してくれとせがみ
カゴを開けると必ず右手にしか乗らず
右手に乗ったらすかさず左手に乗り換え
そして合体と言って抱っこ頬ずり
が定番だったのに
あまりに寂しすぎる毎日が続いていた
5月頃
すーちゃんハウスと名付けたカゴぶらさげのテントで
毎日かわいく収まっている彼が
ボケ状態なら顔を近づけたら逃げていたところ
顔を近づけるとオレ歌はじめ!な姿勢を取り出し
くりかえすうちにオレ歌を歌ってくれるようになり
そこから抱っこまでさせてくれるようになり
みるみる昔のすずのすけが戻ってきて
右手から左手のワンツー合体も
左手にすず右手に別の文鳥ごまのすけの3体合体もでき
カゴに手を突っ込んで手のひら乗っかりからカゴ外出まで
おまけに抱っこしてると指を甘噛みして掻けと催促
ああなんて幸せな日々が戻ってきたことなんでしょう
すずのすけも今年で7歳
文鳥の平均寿命にたどり着くということで
いろいろ思い出作りをしなきゃ
な矢先

今朝
カゴの中でひっくり返ってお亡くなりになっていました
それまですごく元気でした
夜中に何が起こったのかわかりません
安らかな寝ているような顔だったことが救いです

すずのすけは
前に飼っていて熱中症で亡くしてしまったすずめちゃん(文鳥)が
夢枕に立ち
ヒナを求めてペットショップに行くと
その夢を見た前後くらいに産まれた文鳥のヒナが1羽だけ残っており
まさに生まれ変わりであろう運命の出会いをし
挿し餌でかいがいしく育て
性格も穏やかで人懐こく成長し
作品製作中においても手に乗ってきて
鳥的お手伝いをしてくれたくらい
それだけに
ボケた時はショックで
記憶が戻ったときはなんと嬉しく
この幸せな日々が戻ってきたことかと

そのすずのすけがもういない
他の鳥たちが癒してくれるものの
ペットロスがないはずはなく
これから度々波のように寄せては返してくであろう
だけど
すずのすけはまた生まれ変わって
ぼくの元にやってきてくれる
そう信じてる

いつもならぐずぐずカゴの片付け後回しにするのだが
大ぶりのアーチカゴ
さっと掃除して水洗い
今いてる残りの文鳥を3羽まとめて合宿させた
ごまのすけと残りのギャル文鳥(オレ歌歌わないのでメスと仮定中)の仲が微妙なので
うまくいけばカップリングして
ヒナを孵してくれれば
すずのすけが早く帰ってくるのかも
そんな思いからかもしれない
どっちかこの暴君文鳥とつがってくれればいいのだが
そして
今年孵った兄弟5羽も
2ー3でカゴに入ってたけど
ニンゲンスキー再教育ですでに合宿中で
8こあったカゴが
一気に5こに……

そしてそろそろ
卵撤収しないと
また藤子ちゃん(5羽の母親)が
餌入れの下で抱卵してるんだよなあ
セキセイはしばらくいいっす
文鳥増殖そしてすずのすけ復活に期待

なかんじで気持ちの整理はついたんだけど
時々偲んだりしてポロリと落涙しちゃうんだろう

すずのすけくん
いままでありがとう
特にこの一月は最高に幸せだったよ
だからたぶん
もう長くないのがわかってて
ボケも治って
以前より輪をかけて甘えたさんになって
そばにいてくれたんだよね
ボケたままでお別れじゃなくて
お父さんのこと好きで好きでたまらなかったよと
伝えるようにして旅立ってくれたんだと思う
ずっと忘れない
いままでいっぱいありがとう
辛い時も悲しい時も寂しい時も
嬉しい時も楽しい時も
一緒にいてくれてありがとう

でも
もうちょっと一緒に過ごしたかったな
| comments(0) | trackbacks(0) | animal,nature | TOP↑ |
読了
下書き保存してたはずがない……

てことでもっかい書きなおすのかトホホー
書き漏れあるやも
重複あるやも
まあしゃあない


個展前に読んだもの
買って封印積読してたものを一気に読んだので
どっさりどっさり
それが消えたか保存しそこないかなので
ほんとトホホ
ついでに最近読んだのも記帳しとけ

小説

『ぼくらは都市を愛していた』 神林長平 朝日新聞社
 出てたのずっと知らずに慌てて買って読んだ
 二つの世界がどっちが現実なのか
 そしてそれらが融合するところが神林さん素敵すぎます

『絞首台の黙示録』 神林長平 早川書房
 こっちの発売を事前に知ってぐぐったら↑が発売してたの知る
 これも誰が現実で
 誰が正しいのか
 最後の最後まで入り組んだ
 神林さんとんでもない話でしたよ

『秘密は日記に隠すもの』 永井するみ 双葉社
 するみちゃんの絶筆書
 日記上で話が進行していく連作短編
 しかもするみさんの連作短編はよく
 前の話が関連してくるというのが多く
 これもしっかり関連してきたのがうれしい
 
 これでもうするみちゃんの作品は
 何一つ読めないのだな
 すごく好きでハマった作家さんだったので
 かなり寂しい
 今まで色々なお話を読ませていただきありがとうございました

『或るろくでなしの死』 平山夢明 角川書店
 平山さんの小説は現実離れしていつつ
 どこかで実際に闇社会であるのではないかという
 読後感憂鬱な話もけっこうあるんだけど
 平山さん中毒になってるかもだけど
 『本こわ』モノはありすぎて手を出してないす

『青空のルーレット』 辻内智貴 光文社文庫
 10年ほど前新聞書評かなにかで気になっていて
 文庫をこつこつ買いまとめ積読
 今
 この時期になって
 読んだのは必然だったのかも
 旧き良き1980年代な匂いがぷんぷん

『なれずもの』 中島らも 文庫ぎんが堂
 らもさん企画責任編集で出版される予定が
 編集途中で事故に遭い
 出版社と中島らも事務所が企画に基づき出版された対談集
 ほんと大阪は偉大な人を失った


あとまんがす

『土筆柑の空』 須藤真澄 エンターブレイン
 すどーさんの庭先塩梅オムニバスの最終巻
 好評のシリーズキャラクターたちも無事に完結?
 笑いあり涙あり
 いいお話いっぱいでしたよ
 すどーさんのS(すこし)F(ふしぎ)はホントよかとです

『とりぱん 19』 とりのなん子 講談社

『天の血脈 7』 安彦良和 講談社

『ヒメタク 2完』 細野不二彦 双葉社
 なんか打ち切り感ありありな完結
 もうちょっと連載して
 ヒメちゃんの旦那の核心に触れてってほしかったよ

『いちまつ捕物帳』 細野不二彦 小学館

『フイチン再見! 7』 村上もとか 小学館

『BE BLUES! 22』 田中モトユキ 小学館

『マギ 29』 大高忍 小学館

『トキワ来たれり!! 6』 松江名俊 小学館

『絶対可憐チルドレン 45』 椎名高志 小学館

『なのは洋菓子店のいい仕事 4』 若木民喜 小学館

『BIRDMEN 7』 田辺イエロウ 小学館

『ジョジョリオン 12』 集英社

すません感想みたいなもの書いたり書かんかったりやし
でも
この蔵書ラインナップみてたら
やっぱり小学館の犬だよな


利用してたコミックと文庫の発売一覧のサイトが
3月で倒産……

他のサイトいろいろ見るんだけど
すごく見にくくて
新刊チェックがすごく大変になってしまった



そしておそろしく溜まってた
下書き保存の読了記録
公開した
ガクブル
| comments(0) | trackbacks(0) | book | TOP↑ |
くまてん
もう半分終わりましたが…

14日(木)から19日(日)まで
ギャラリーマーヤで個展『くまてん』やってます
干支以外の個展でテーマ個展は何度かやりましたが
『くま』の個展は初めてだったりするのですよ^ ^

今日入れてあと3日ですが
お時間あればぜひ遊びにきてくださいまし

鳥急ぎー


 
| comments(0) | trackbacks(0) | art | TOP↑ |
読了
『生者と死者 酩探偵ヨギ ガンジーの透視術』 泡坂妻夫 新潮文庫
 ガンジーシリーズ復刊
 袋綴じ本でそのまま読むと短編が
 開いて読むと長編になり短編が消えるというマジシャン作家の試み
 2回楽しんで読めましたよ
 ガンジーシリーズ1冊目を読んだのがうんと前
 その後続編が品切書でほぼ絶版状態ですっごく消化不良だったのが
 2冊復刊してくれて読めたからスッキリなんだけど
 どうももう揃わないと踏んで蔵書整理を一度した時に
 手放していたようで
 買い戻そうにもかなり高価になっていて
 逆にもやもやができてしまっている
 なんで手放したかなー


あとまんがす

『マギ 28』 大高忍 小学館

『絶対可憐チルドレン 44』 椎名高志 小学館

『なのは洋菓子店のいい仕事 3』 若木民喜 小学館

『トキワきたれり!! 5』 松江名俊 小学館

『超人ロック ドラゴンズブラッド 2』 聖悠紀 メディアファクトリー
『超人ロック ラフラール 3』 聖悠紀 少年画報社


もうまんが読むの決まってきてるから
新鮮味にかけるとですね
| comments(0) | trackbacks(0) | book | TOP↑ |
読了
年末までに読んでたものすが

『西遊記 上、中、下』 岩波少年文庫
 申年個展『斉天大聖そんごくーま』のためのお勉強にと
 読み出したものの
 個展前に読了できず
 期間中にはなんとか読了できたという
 西遊記
 マチャアキドラマやドリフ人形劇
 手塚治虫アニメやら童話絵本など記憶があやふやで
 きちんとした話知らないのもアレだなと
 お堅いの読んでもよかったんだけど
 途中でイヤになるのもアレなんで児童文庫にした
 で
 西遊記改めて読んでみると
 おもろいですなあ
 最後の方の妖怪ってみんな天界から逃げた使役獣達で
 こぞって妖怪化して三蔵食おうとするだなんて
 苦行のためにわざとしてるとしかw
 児童文庫なため残虐やら妖艶な部分は割愛されているようなので
 でも改めて大人向け西遊記読みたいとは……
 だってほかにも読まないといけない本がどっさりあるだもー

あとまんがす

『パラダイスパイレーツ 5完』 山口美由紀 白泉社
 でてたのぜんぜん知らずに半年以上
 んー5巻どうなってんだろうと
 4巻に載ってた次巻予告に2015ねん発売とあり
 待て待てもう12ぢゃねえかとぐぐったら
 遥か前に出てましたわと慌てて買いに行った

 ハッピーエンド完結したものの
 ちょっと待て
 問題残したままハッピーで終わってるじゃねえええええ
 な感じすが
 併録されている久々の読み切り『スイートテイル』が秀逸なため
 忘れててもいいぢゃん
 美由紀さんの短編やっぱ好きだわ

『ジョジョリオン 11』 荒木飛呂彦 集英社
 また変な能力のスタンド使いでましたけど何か
 もう特殊能力にも限界が
 そんな特殊能力でバトルが?と裏切るのが荒木さんの楽しみなんでしょうが
 もうごちそうさまです
 ジョジョリオンさっさと終わらせて次のジョジョ描いてください^^;
 今回のジョジョってギャグですよねきっと

『フイチン再見! 6』 村上もとか 小学館
 としこさんの絵を描いていきたいという
 情熱に毎巻心打たれまする
 復刻版フイチンさん欲しいけど
 高い……高すぎるざます……

『いちまつ捕物帳 2』 細野不二彦 小学館
 2巻でましたww
 細野さんの新刊
 30年以上もファンの人だから
 何がでてもうれしいww
 いちまつも面白い

『タブロウ・ゲート 14』 鈴木理華 秋田書店
 なんだかんだと読み続ける
 好きな絵だし
 だけどなかなか追いついてない
 2冊ほど遅れてる……

『きょうのスー 2』 マツダユカ 双葉社
 マツダユカのすずめまんが2巻目でたー
 鳥あるあるがマニアすぎて
 鳥好きにしかわからなさすぎるかもです
 

昨年いっぱい本読みました
ほぼまんがだけど
今年もいっぱい本読みたいな
 ていうか読まんと未読の本棚が溢れてるしいい

そして非公開下書き保存にしてあった
読了なやつがどっさりあった……
一緒に公開しておこう……
| comments(0) | trackbacks(0) | book | TOP↑ |