えんちょ日記

ひろしえんちょの日々思ったことつらつら

<< 読了 | main | 神戸は今日は雨だった…… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | TOP↑ |
にうあるばむ
 一番好きなアーティスト
篠原美也子さんが
今年めでたく
デビュー20周年を迎え
セルフカバーでニューアルバムをだした

『青をひとつ、胸に抱いて』

新曲1曲を除き
他の10曲は
美也子姐さんに縁のある
9人のピアニストが
それぞれアレンジと演奏を引き受け
原曲からがらっと変わったものまでな
なかなか素敵なアルバム
先日届き
もうすでに聞き倒してる

できれば
オリジナルフルアルバムを期待したんだけど
姐さんのことだから
20年をがっつり満喫したあとに
次の一歩としてやってくれるはず
そのがっつりは
全国ツアーとして
関西も京都大阪と来てくれる
ライブの場所がよければどっちも行くのだが
どっちもへんぴな場所で
とりあえず大阪だけは
絶対行くべー

美也子姐さんとの出会いは
デビューされて半年くらい経った頃
野球中継が早く終わったサンテレビの
サウンドコンポていう
PV垂れ流しの枠埋め番組があり
そこでデビュー曲の『ひとり』を初めて聞き
歌詞の内容に圧倒
すごく耳に残り
胸に突き刺さり
翌日
アルバムCDを購入
しかしそれは出たばっかりのセカンドアルバムで
『ひとり』は収録されておらず
在庫の無いファーストアルバムを注文
その時隣にCDショップがあるとこでバイトしてたんで
便利だったー
入ってくるまで
『ひとり』が聞けるまで
そんなに日にちはかかってないが
募る思いはふつふつとふくれあがり
いざ聞いた時には
7分近い曲に圧倒
歌詞カード見ながらの歌詞に圧倒
そして他の曲もどストライクに圧倒され
信者のように
毎日2枚のアルバムをえんえん聞いてました
苦しいときも
辛いときも
美也子姐さんの歌を聞いて乗り越え
自分の内面を
すごく見つめ直させてくれたと思います

それから約20年の月日が流れ
今でもずっと
美也子姐さんの歌無しでは生きて行けないくらいです
それほどまでに影響受けました

大阪のライブ
すごく楽しみです
パワーを受け取って
新しい作品を生み出せるように
アンテナ磨いて
すぐに行動できるように
汚部屋の片付け掃除をやらねば
ですね

ホント
今年は停滞している暇はないす
| comments(0) | trackbacks(0) | music | TOP↑ |
スポンサーサイト
| - | - | - | TOP↑ |









http://hiro4zoo.jugem.jp/trackback/605