えんちょ日記

ひろしえんちょの日々思ったことつらつら

すずのすけくんハイ
個展の案内やら何やら
ずっとブログ更新してなかったのは
特に意味もなく
元来飽き性な性格なものでして
書けること書けないこと
書かないといけないこと
いろいろありましたが
なかなかブログページ並びにパソコンに向かえず
今回はちょっと気持ちの整理をつけるべく久々に記帳
これをきっかけに
またこれからマメに書けたらいいんだけどねえ


てことで
うちの鳥さま事情
現在文鳥6歳7ヶ月を長老とし
今年4月に産まれたセキセイの兄弟まで
文鳥4羽
セキセイ11羽
コザクラ1羽
総勢16羽という独居最高の鳥人口
(実家に居てた時はセキセイ30羽以上な時が)
中でも手乗り崩れが2〜3羽いてだけのセキセイに
ニンゲンスキーなセキセイをと繁殖を試み
今年の2月に2羽生まれ無事ニンゲンスキーに育ち
一安心と思いきや
親鳥が途中人にヒナをかっさわられ
卵チャージ
個展準備やら個展で忙しく放置てたら
水入れの下で産卵孵化しちゃって……
それも時間差で3羽
大きさが大中小
毎日水換えのたびに観察させていただき
その3羽も無事ニンゲンスキーに育ったはずが
カゴに入れた途端に半野生化
それを再びニンゲンスキーにしているところで
最長老文鳥すずのすけくん
昨年の冬換羽時期くらいからボケ発症
一番懐いててべたべたで甘えたさんだったのに
手を怖がり逃げまくり
求愛ソング(オレ歌)も歌ってくれなくなって
このままもっと老鳥になって介護が必要になってきたらどうしようと思っていた
自分で外出しカゴに戻ってくれるものの
飛べないので下に落ちた時は逃げ惑いながらも
なんとか手に乗ってくれるが
カゴの入り口までつれてくとサッと入る
過去出してくれとせがみ
カゴを開けると必ず右手にしか乗らず
右手に乗ったらすかさず左手に乗り換え
そして合体と言って抱っこ頬ずり
が定番だったのに
あまりに寂しすぎる毎日が続いていた
5月頃
すーちゃんハウスと名付けたカゴぶらさげのテントで
毎日かわいく収まっている彼が
ボケ状態なら顔を近づけたら逃げていたところ
顔を近づけるとオレ歌はじめ!な姿勢を取り出し
くりかえすうちにオレ歌を歌ってくれるようになり
そこから抱っこまでさせてくれるようになり
みるみる昔のすずのすけが戻ってきて
右手から左手のワンツー合体も
左手にすず右手に別の文鳥ごまのすけの3体合体もでき
カゴに手を突っ込んで手のひら乗っかりからカゴ外出まで
おまけに抱っこしてると指を甘噛みして掻けと催促
ああなんて幸せな日々が戻ってきたことなんでしょう
すずのすけも今年で7歳
文鳥の平均寿命にたどり着くということで
いろいろ思い出作りをしなきゃ
な矢先

今朝
カゴの中でひっくり返ってお亡くなりになっていました
それまですごく元気でした
夜中に何が起こったのかわかりません
安らかな寝ているような顔だったことが救いです

すずのすけは
前に飼っていて熱中症で亡くしてしまったすずめちゃん(文鳥)が
夢枕に立ち
ヒナを求めてペットショップに行くと
その夢を見た前後くらいに産まれた文鳥のヒナが1羽だけ残っており
まさに生まれ変わりであろう運命の出会いをし
挿し餌でかいがいしく育て
性格も穏やかで人懐こく成長し
作品製作中においても手に乗ってきて
鳥的お手伝いをしてくれたくらい
それだけに
ボケた時はショックで
記憶が戻ったときはなんと嬉しく
この幸せな日々が戻ってきたことかと

そのすずのすけがもういない
他の鳥たちが癒してくれるものの
ペットロスがないはずはなく
これから度々波のように寄せては返してくであろう
だけど
すずのすけはまた生まれ変わって
ぼくの元にやってきてくれる
そう信じてる

いつもならぐずぐずカゴの片付け後回しにするのだが
大ぶりのアーチカゴ
さっと掃除して水洗い
今いてる残りの文鳥を3羽まとめて合宿させた
ごまのすけと残りのギャル文鳥(オレ歌歌わないのでメスと仮定中)の仲が微妙なので
うまくいけばカップリングして
ヒナを孵してくれれば
すずのすけが早く帰ってくるのかも
そんな思いからかもしれない
どっちかこの暴君文鳥とつがってくれればいいのだが
そして
今年孵った兄弟5羽も
2ー3でカゴに入ってたけど
ニンゲンスキー再教育ですでに合宿中で
8こあったカゴが
一気に5こに……

そしてそろそろ
卵撤収しないと
また藤子ちゃん(5羽の母親)が
餌入れの下で抱卵してるんだよなあ
セキセイはしばらくいいっす
文鳥増殖そしてすずのすけ復活に期待

なかんじで気持ちの整理はついたんだけど
時々偲んだりしてポロリと落涙しちゃうんだろう

すずのすけくん
いままでありがとう
特にこの一月は最高に幸せだったよ
だからたぶん
もう長くないのがわかってて
ボケも治って
以前より輪をかけて甘えたさんになって
そばにいてくれたんだよね
ボケたままでお別れじゃなくて
お父さんのこと好きで好きでたまらなかったよと
伝えるようにして旅立ってくれたんだと思う
ずっと忘れない
いままでいっぱいありがとう
辛い時も悲しい時も寂しい時も
嬉しい時も楽しい時も
一緒にいてくれてありがとう

でも
もうちょっと一緒に過ごしたかったな
| comments(0) | trackbacks(0) | animal,nature | TOP↑ |
歪んだ王国
は谷山浩子の歌だけども^^;
 

きのう王国に行って来ました
目的はハシビロ公にお目通り
&おおはしくん

しかし
あまりの人混みに辟易
人の多さにおやつ数規制で
ふれあいもなにもできない状態
あまつさえ
インコゾーンには入れぬほど
バカな客は鳥撮影にフラッシュたきまくり
↑フクロウにも光らせまくるという……orz
なんか
いいものもいやなものもいっぱい見た一日でしたわ

しかし
なんか忘れてるような気がしてましたが
そうそう
カピバラを見るの忘れてましたね^^すっかり
豆蔵くんも見てないかも
まあ
ハシビロ公目当てだったし
いいや

しかし
王様はいったい……
いつも謎に思うのですよ
ハシビロ公爵はいてるけども
キングペンギンでもいてたら
なるへろ!って思うのですけどね

王国になる前のがよかったカモ
ふだんからこんだけ人きてたら
花鳥園のままいれたのにね
まあぼくも来園数これで2回目だし
人のこと言えないんだけどね
やっぱ場所が悪過ぎるわ


ハシビロ公りりしいす


あくびかわゆす


おおはしくんらぶりー

| comments(0) | trackbacks(0) | animal,nature | TOP↑ |
たまごタマゴ
先日ペットショップから里子にひきとった
いーこ色のぴよぴよ
今月頭冷え込みで生死をさまよい
すっかり元気になったかと思うと
卵をころりと産み落としてました^^
しかし
なんでうちの♂どもは(1羽足開脚繁殖不能)
♀いっしょにいてて素知らぬ態度なのだ?
まだ若いから?
イヤイヤ
ぴよぴよが色気より食い気だからだ
♂2羽よりもガツガツ喰う
そういうところ♀っぽいとは思ってたし
卵で確定

あとは元気がよくて
相性が合えば
次世代期待しよう
ムリならぽこ森さんから
お引き取りした子たちに期待

しかし
この新3羽
懐かずに野性の道へまっしぐらだったり……
あうううううう
おかしい
触り倒してるのに
なぜ嫌がる……
↑恐怖心??
| comments(0) | trackbacks(0) | animal,nature | TOP↑ |
ぴよぴよ嫁候補
ぽこの森さんから
ぴよぴよ嫁候補をお身請けしましたの

だけど
まだ言語が成立していないのか
お互い素知らぬ顔
まあ
この子らまだまだひなひなやし
そして性別まだ不明だし

そして青い鳥軍団のうちのセキセイに
入り込んできたネイティヴの波
果たして
次世代は何色?
やっぱりノーマルグリーンかなあ?

| comments(0) | trackbacks(0) | animal,nature | TOP↑ |
賢治せんせい
雨に負け
寒さに負け
次の桜の絵がなかなか進まず
負けまくってる時に
ふと
思い出すように出て来た
賢治せんせいの詩


『雨ニモマケズ』

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ※(「「蔭」の「陰のつくり」に代えて「人がしら/髟のへん」、第4水準2-86-78)
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

始めてこの詩に出会った時
サウイウヒトニ
ワタシモナリタイ
と思った純粋な11歳の頃
賢治せんせい
だめです
おっさんになった今
色々なモノに負け続けていますorz
特にさぶさにはムリです……
昨日は雨が途中雪に変わり
しかも積もるわ吹雪くわ
やんだらすぐ溶けたわ
もうぼちそろ春分なんですけど
おかまいなしなさぶさ
ブルブル
もう手は血の気を失い
思うように動かない
今日も
昨日のさぶさひきづり
でもいいかげん材料買いに出なきゃ
桜展間に合わんぞと
賢治せんせいの詩を思い出し
負けるかーーなにくそーーー
と買い物に行ったら
ぴよぴよがうちに来ることになった

このぴよぴよは
昨年末干支個展おわったばかりの頃
せーぶのペットショップでお見かけした
もう既に体調を崩していて
ずっと羽根に顔をうずめて寝たまんま
そして何より目をひいたのは
昨年大往生で亡くなったぴよぴよ
いーこさんと同じカラーリング
元気になって
縁があればお身請けしようと思い
行く度に様子を伺いに行ってましたが
ずっと療養中の札がさげられたまま
後から入って来た子が
元気に育ち
新しい家族の元に旅立って行く中
この子だけがずっとここにいる

そんな今日
再びお顔を拝見しに行けば
なんと
『里親募集』の札に変わり
けっこう成長し
ずっと独りでいたため人慣れも仲間慣れもあまりしてなく
結果(販売するには)健康でなしと判断され
親切で優しい人(決して自分がそんなニンゲンでないのはわかってるが^^;)に
引き取ってもらえればということらしく
もうすかさず
「引き取らせていただきます!」
と買い物もさっさと引き上げ
ぴよぴよをうちに連れて帰ってきた

手が冷たいけど
抱いて首筋カキカキしてあげよう
他の子と一緒に放鳥してあげよう
温かくなったら
ケースからカゴに移してあげよう
いっぱいいっぱい可愛がってあげよう
だから元気で育ってほしい
扶養家族が1羽増えたから
その分頑張らなきゃー

桜の絵
ふんばらないと


『桜咲きまし展』

ギャラリーからころ
3月21日(土)〜29日(日)
12時〜18時 最終日17時
木曜定休日(26日)

高槻市城北町1−14−18 城北ビル203
090-1959-7934

ピース展をやった高槻市役所前のギャラリーです
新作の桜作品 絵と小物出します
| comments(0) | trackbacks(0) | animal,nature | TOP↑ |
いーこ
10歳のセキセイおばあちゃん
いーこが16時頃亡くなった

ホルモン異常で覆水がたまり
平均寿命も過ぎているので覚悟を決め
1年くらい普通に
イヤ老齢なのにずっと盛り続け
すこぶる元気に過ごしていたところ
昨年秋に両足マヒで落鳥
2度目の覚悟を決め
足のマヒは治らないなりにも回復し
飛び回る程になっていた

夜は暖房入れた水槽で寝ていて
朝覆い布をとって蓋をあけたら
いつも
「ぎゃっ」と一声鳴き挨拶をくれて
すぐに水槽の橋にじり寄って来て
出せ出せアピール
手に乗せて水槽から出すと
すぐに飛んで
いつもの定位置
みんなのカゴが置いてあるところに行く

そして小瓶に入った水を近づけると
首をつっこんでくくっと飲む
エサはそこに置いてありぽりぽりついばむ
菜ものがすごく好きで
大きいものも1枚ぺろりと食べていたけど
要介護になってからは
思い通りに食べれないのか少し小食に
それでもこの時期
ベランダのプランターから勝手に生えて来ている
ハコベが大好きで
上手にハコベの葉を食べていた
そして
何よりも
首筋をかいてもらうのがすごく好きで
3本の指で揉みしだくように
ごしごしやっても気持ちいいくらい
両手つかってもふもふやっても気持ちいいくらい
どんだけやっても止めさせてくれないほど
ふわふわになって
首筋をかかせてくれた
自分のおうちが好きで
要介護になってからもカゴに戻りたがり
止まり木に止まれないけど
カゴの中に入り
エサ箱に座り込んで外を伺う
 
ぼくの気配がないときは
カゴの中に入り床で寝そべり
気配があると
必ずくちばしとちょっとだけ動くようになった右足で
カゴをよじ上り
エサ箱の上に座る
その姿を見てリハビリになればと
カゴに戻してあげてたりして
そんな頑張ってる姿に
声をかけてあげて首筋や頬をかいてあげる
 
タオルひっかかってイヤなの

きもちいい〜〜♪

もっとー


そのうち
自分でカゴに出入りできるようになってた
出るときは飛び出し
入るときはよじ上ったり
飛びこんだり^^


また若い時は
手を出して呼べば飛んで来て手に乗る
自分でおうちに帰る
かしこいインコだった
またペアリングした時期もあり
抱卵ストレスで新年早々ダンナをかみ殺すという
凄まじいこともやってくれた
そして
エサ箱が空だったら
エサ箱をくわえてガタガタ鳴らし
エサないぞアピールもしてくれた

10年
ぼくが高槻に数羽の鳥と共に越して来て
その時はセキセイが1羽しかいなかったので
たまたま実家ちかくのホームセンターで見かけた時に
一目惚れして連れて帰ってきた
たしか誕生日のあたりだった
そして時は過ぎ
越して来た時に連れて来た子たちは
みんないなくなり
いーこが最高齢になっていた

そして昨日朝
羽根を膨らませ
息が荒く吐く息に音がしていた
ちょっと下痢ぎみでもあり
ちょっと心配して仕事に行き
帰って来てからも体調が戻らないので水槽の中のままで
今朝起きたときは
「ぎゃっ」という挨拶の声は出してくれた
水槽から出たがり
手に乗せてみるが
驚く程軽く
それでも飛んでいつものところに行きたがるも
それを征して
まず水を飲ませようとしたが
まったく飲まず
薬も
蜂蜜水も
まったく飲んでくれなかった
水槽の中で暖をとらせ
時折えさはついばむものの
水は飲んでくれなくて
もう暖めることしかできなくて
いーこの気力と体力に希望を持って様子を見ていた
それでも
まだ羽根を膨らませ
ちょっと痙攣する感じがでてきて
ああ
次に痙攣起こしたらもうムリやなと思って
しばらくすると体を反転してのけぞるくらいの痙攣があって
手に取り抱きかかえると同時くらいに
いーこは旅立っていった
目は開いていたけど
閉じてあげると
羽毛もすごく綺麗で
眠っているような顔で
うちの父と同じで
すべての辛いことから開放された
そんな安らかな姿だった

おわかれの準備
気持ちの整理
けっこうしてきたつもりでも
もう手の施しようがないと思った時
暖めることしかできなかった時
すごく辛かった
亡くなってからは
マヒした足で過ごした大変だった日々
「よくがんばったね」
そして
『いままでありがとう」
それだけの気持ちがいっぱい
もう老齢だったから
想い出もいっぱいだから
辛いけど
そのためにお別れの準備をしてきたおかげで
ちょっとマシなのかも
そして何よりも
休みで家にいてる時でよかった
臨終をみとれなかったら
かなりショックだったと思う
ただ
昨日何気に撮った写真が
ぜんぶボケてて
それが最後の写真だったと思うと
かなり悲しい
色がぼんやりしてるから
ピントが合いにくいのだなー
カメラがピント合わすの嫌がってたし

なぜピント合わぬ!?


いーちゃん
今までありがとね
いーこが来てからいろいろうまく行きだし
今自信を持って作品を発表できるようになったよ
いーこはホントにぼくの幸せの青い鳥だったよ
いーこがぼくのことすごく好きでいてくれたように
ぼくもいーこのことが大好きだったよ
生まれ変わってきたら
また一緒に過ごそうね


このころまだ足大丈夫だったの

すずのすけ大好き♡
| comments(0) | trackbacks(0) | animal,nature | TOP↑ |
いーこ 再再々投稿
広告被るの解消せんのか!
火曜
朝止まり木にとまってたのに
落ちた拍子に足腰立たんくなって
別荘で老鳥介護に


平均寿命もすぎ
腹水たまっておなか出たときから
ある程度覚悟はしてたけど
その時がきたらやっぱり辛い
換羽も入ってて体力落ちてる状態で
かなりヤバい感じだったけど
付きっきりで介護
食欲はあったのと
直接暖房と気付け薬でなんとか持ち直す
水は自分で飲まず
指先水滴をなめてくれるという
実は甘えてるのか
足は
右足はまだしっかりしてたけど
翌日にはその右足もダメんなって
寝たきりインコに

寒いと羽根ふくらませばヒーター下に敷き
暑いと羽根広げるならばヒーター側面にして
指先水滴で水分補給
腹水ででたおなかのせいで
お尻周りが汚れるのでシモの世話もし
首筋がかゆいから掻けと言えば掻いてやり
甘えたいようなら甘えさせてあげよう
いーこにできる限りのことをしてあげよう

いーこは高槻にきてからウェルカムした子で
それ以前の子はもういない最長老
高槻でのいいことはじめは
この子の幸せの青い鳥の力
その後気付けば青い鳥ばっかりきてるけど
いーこがいっぱい幸せ呼んでくれて
辛いことも異常なくらいの人なつっこさで癒してくれて
ペアリングした旦那も殺したりしたこともあったけれど
だからすごく感謝してる
ありがとう
もう
そんなに長くないことはわかってる
今まで多くの鳥の臨終を見て来たから
でも
もうちょっと
一緒にいてほしいな

個展、グループ展の準備で
いっぱいしないといけないんだけど
今年は
姉のとこの老犬
うちの老鳥
こういう年まわりなんだなと
予定外の若鳥が間に逝ってしまったけど
辛いけど
頑張って乗り越えよう
そして
今年の最後には大きな花を咲かせて
甘美な実を収穫しよう



こういうシビアな内容を書いて
投稿する前に画像をと操作したら
文章消えた
ていうか
新しいエディター使い勝手悪すぎ
アホな内容の文なら
やれやれって書き直すけど
こういう内容は2回も書くもんじゃない
がんばって書いたけど
時間もムダよ
全く
困るわ
| comments(0) | trackbacks(0) | animal,nature | TOP↑ |
ベニコンゴウインコ
 千葉市動物公園で逃げたベニコンゴウインコ
網で捕獲できず
麻酔銃使って
当たりどころ悪く
出血多量で死亡て

まだ3ヶ月のヒナやのに

ありえへん

ここ
前にアフリカハゲコウてのも脱走させた動物園らしく
捕獲のマニュアル見直し
とかゆってるけど
その前に
管理マニュアル見直せよ


| comments(0) | trackbacks(0) | animal,nature | TOP↑ |
うおーたー!
 て
感じでしょうか
サリバン先生な気分で
ついつい
写真撮ってしまった

上の子1号
ふんじばって
止まり木にとまれるようになったと思えば
高い上の段の止まり木にも
とまれるようになり
下の子2号も
止まり木にとまれるように〜〜


そして
ふたりとも
箱小屋に戻って寝るという
おりこうさんたち
だけど
ほとんど親任せにしてたから
なついてない……orz
でも
きっと
ほかの鳥仲間を見て
わかってくれるはずだ
この子らの父親も
手乗りくずれだけど
あるていど
許容してくれてきているし

しかし
過去にも
こういう親に踏みつぶされて
足がひらいた状態の子
何羽かみてきたけど
止まり木にとまれた子は
今までいなかった
この子らはすごいよー
この子らの頑張りをみて
おいちゃんも頑張るからねー
思いつつ

印刷屋から出荷シマシタなメールがきた
ドキドキ
びくびく
果たして
思ったような仕上がりで
出来上がってくるんだろうか
新しいmacんなって
まだモニターカラーが
把握できていないの

印刷物届いたら
製本だー
なんとか間に合うぞー

| comments(0) | trackbacks(0) | animal,nature | TOP↑ |
その後のぴよぴよ
 ぴよぴよ1号と2号

元気に育ってはいるのだが
実は母親に踏みつぶされ
2羽とも足がひろがってしまっている

今はまだはなちゃんが世話をしてくれているが
成鳥になったとき
バリアフリーな鳥かご内装や
バリアフリーな餌入れ水入れを考えないといかん

1号は青
2号は水色
どちらも幸せの青い鳥

この2羽がこのタイミングで
この状態で育ったのには意味がある
その意味を噛み締めて
この子達が引き受けてくれた分
それ以上に
しっかり可愛がっていこうと思う
| comments(0) | trackbacks(0) | animal,nature | TOP↑ |